映画

ハリーポッター不死鳥の騎士団

お隣にレンタル屋さんがオープンしてたので会員登録
第6話の公開が始まるので復習。
というか原作読んでないせいか細かいところがよく分からないのが今回でだいぶ解決。
今頃ですが。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (1枚組) [DVD] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (1枚組) [DVD]
(2009/06/24)
ダニエル・ラドクリフルパート・グリント

商品詳細を見る

2009-07-14 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

天使と悪魔

天使と悪魔 [DVD] 天使と悪魔 [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

先日、久しぶりの映画館での映画鑑賞に行ってきました。
ハゲタカも見たかったけど時間の合うのがこちらだったので天使と悪魔を選択。
前半、一瞬気を失いそうになってしまいましたが、事件が緊迫・展開し始めてからは一気にスピードアップ。
ダヴィンチコードもだったけど、痛々しいのが玉にきず。
今回もなかなかグロい。
ああいう映像を見慣れたくはないものです。
今回、かなりぼけっと見ていたので展開の先を読まずに見ていたのでエンディングはそれなりにビックリ。相方さんは最初から怪しいと分かっていたそうな。
今回は行ったことある場所も登場し、イタリアに旅行に行った気分も味わえてよかったです。

2009-07-05 | Posted in 映画No Comments » 

 

デトロイト・メタル・シティ

そこそこ笑えたけどその場限りの笑いかな。
一番の驚きだったのが、デスレコーズ社長。
見終わるまで松雪泰子だと気付きませんでした。
やられたって感じ。
ライブのシーンがもっとズシンとくるかと思ったけど案外だったかな。
映画館で見ると迫力も違ったのだろうか。
もうちょっと音楽がよければ、ってところかな。

2009-05-23 | Posted in 映画No Comments » 

 

横山光輝 三国志

全巻、購入しちゃいました。

横山光輝 三国志 DVD-BOX 12枚組 (第1話~第47話) 横山光輝 三国志 DVD-BOX 12枚組 (第1話~第47話)
(2003/11/22)
中村大樹辻親八

商品詳細を見る

12巻と長編ではありますが、三国志全編ではないところが惜しいところ。
TVアニメなので様々な制約・限界があったのでしょう。
まだ前半を観ているところですが、全般的に登場人物がスマート。
そして若々しい。
人形劇三国志の方が本当は欲しいのだけどまたの機会かな。
そして、時々広告を見るのですが中国制作の三国志の大巨編版の完全版、何とか手にはいるといいんだけど。
10万馬券でも当たったら買おうかな。

三國志 完全版 全14巻 [DVD] 三國志 完全版 全14巻 [DVD]
(2002/06/21)
唐国強

商品詳細を見る

さすがに高いです。

2009-05-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

昨夜は久しぶりの映画館。
レイトショーでレッドクリフ観てきました。
すっごく面白かったです。
三国志のイメージにとらわれすぎず観ればすごく面白い作品かと。
三国志的にはおいおいってシーンがけっこうあります。
でもレッドクリフという作品として観れば、映画の世界にいるかのような気にさえさせるほど入り込めました。
二時間半近い長い作品ですが、映画が完結して終わってしまうのがもったいないと感じるぐらい。
1もそれなりによかったですが、2の方が断然面白かった。
1は長いプロローグでようやく2が本編ってぐらい。
映画の中で語られているストーリーはものすごく深いものではありませんが、作品の中で絡み合い、影響しあい、とても楽しめました。
今年はまだあまり映画観ることができていませんが今のところ今年のNo.1です。
周瑜、かっこよすぎ。
周瑜のための映画です。
でも2は曹操も味出していました。
疫病の兵士の志気を高めるシーンもよかったし、小喬に一杯食わされるシーンもなかなか。
そして、小喬も変わらずの美しさ。
声もいいですね。
中村獅童のドリフを思い起こさせるシーンは笑えました。
この映画の戦闘シーンの臨場感は映画館でこそ味わえる感じです。
大型TVでもよいですが、腹にズシンとくるような音響も一体になって味わないと損します。

2009-05-04 | Posted in 映画No Comments » 

 

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

なかなか面白かったです。
松たか子が令嬢というのは若干違和感を感じましたが、それ以外はとても楽しめました。
映像もなかなか雰囲気出てました。
ノスタルジックな感じだけど、いつの時代だかよく分からない感じなのも現実感が薄れて、映画の世界に入り込みやすいかも。

2009-03-07 | Posted in 映画No Comments » 

 

チェ 28歳の革命

もう少し奮い立つような気分になる映画かなと期待していましたが、かなり淡々と物語は進行しました。
もう少し背景を勉強すればもっと面白かったかも。
この前編が面白かったら続けて39歳編も見ようかと思っていたけど、そこまでは至らず。

2009-03-07 | Posted in 映画No Comments » 

 

マンマ・ミーア!

これはよかった。
ミュージカルって正直まだあんまり慣れてはいないんだけど、よかった。
楽しく元気になる映画です、
また、ABBAもほとんど知らなかったのですが、この映画見た後ベスト版DVDも思わず購入してしまいました。
もう一回みたいぐらい。
ミュージカル版も観てみたいな。

2009-02-19 | Posted in 映画No Comments » 

 

ララピポ

上映開始10分、いや5分ぐらいで帰りたくなりました。
公開初日だったせいかかなり席も埋まっていたので立ち上がることもできず。
ここ数年でNo.1かな、下から。

2009-02-19 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

ZEN

久しぶりに映画館へ。
今日は109シネマズで鑑賞。
ほぼ満席に近い混雑。
まあまあよかったけど、仏教の知識が足りないせいか、よく意味が分からない言葉がたくさん出てきました。
いったいどういう漢字で書くのだろうと分からないものもありました。
事前に禅関連の単行本読んではいたけど不十分だったみたい。
「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪冴えてすずしかりけり」
「あるがまま」
「少欲」
「知足」
自分の中に仏、生きてこその浄土
こんなところが自分の琴線にふれたキーワードかな。
中村勘太郎さん、声が非常にお父様に似ているなぁと。
姿勢、所作、演技なかなかのもので初主演映画とは思えませんでした。

2009-02-11 | Posted in 映画No Comments »