会計

IFRS影響ポイントとりあえず羅列

・のれん代の償却
・後入先出法の廃止
・子会社株の売却
・資産除去債務
・退職給付債務の一括償却
・リース会計
・SPCの連結
・開発費の資産計上
・投資不動産
・収益の純額表示
・収益計上基準
・ポイントの会計処理
・保険負債の時価会計
・負債と資本の区別
・廃止事業
・子会社の決算日
・セグメント開示
・有給休暇引当金

2009-08-06 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRSの特徴(現日本基準との違い)

IFRSと日本基準の主な違いをポイントだけ。
IFRS : 原則主義
日本基準 : 規則主義
IFRS : 資産負債アプローチ
日本基準 : 収益費用アプローチ
IFRS : 包括利益重視
日本基準 : 純利益重視

2009-08-06 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IASBの歴史

IASB(国際会計基準審議会)の歴史を軽く
1973年設立
・当時はIASCと呼ばれる
・基準名はIAS(Inernational Accounting Standards)
・会員は各国の会計士
1989年 フレームワーク完成
・基準作成の枠組み
1995年 証券監督者国際機構と普及のために協力の合意
2000年 コアスタンダード完成、IOSCOの承認
2001年 IFRS策定に向け、組織再編。IASCからIASBへ、基準名もIASからIFRSへ
2002年 ノーウォーク合意、USとのコンバージェンスに合意
2005年 IFRSのEU諸国での強制適用開始
2007年 日本とのコンバージェンス合意(東京合意)
2008年 米国がIFRS採用に傾く(SECロードマップ案)
2009年 日本もIFRS採用への動き(金融庁中間報告)

2009-08-06 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRSと日本の動き

IFRSを巡る日本の動き、対応など。
2005年1月 コンバージェンス・プロジェクトに合意
2007年8月 コンバージェンスの加速化に合意 【東京合意】
・2011年6月末までに差異を解消
・重要な差異は2008年末までに解消
2009年2月 金融庁中間報告、日本もIFRS採用に向けた動きへ

2009-08-06 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRSの採用状況

自国の基準として採用
EU加盟国(上場企業)
オーストラリア・ニュージーランド
南アフリカ
カナダ(2011年から)
韓国(2011年から)

2009-08-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRSの転機

2000年5月
IOSCO(証券監督者国際機構)による支持表明から注目度アップ
2000年6月
EUでの強制適用決定、国際基準への道

2009-08-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRS作成機関

国際会計基準審議会
IASB
Intenational Accounting Standards Board

2009-08-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRSとは?

通称(略称)IFRS
正式名称は国際財務報告基準
International Financial Reporting Standards
IFRSの呼び方は、アイファース、イファース、アイエフアールエス、絶対これというものでもないらしい。

2009-08-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

IFRS

IFRSを勉強始めたついでに色々メモを残していくことにしました。
言葉の定義や勉強したまとめや関連ニュース、関連URLなどを備忘録的に。

2009-08-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 

 

資産除去債務

資産除去債務に関する会計基準
(企業会計基準第18号)
資産除去債務に関する会計基準の適用指針
(企業会計基準適用指針第21号)
資産除去債務とは、有形固定資産の取得、建設、開発または通常の使用によって生じ、当該固定資産の除去に関して法令または契約で要求される法律上の義務及びそれに準ずるものをいう。
会計処理
資産負債両建処理を採用
資産除去債務は、当該サムの金額を合理的に見積もることができることを条件に、有形固定資産の取得、建設、開発または通常の使用によって発生したときに負債として計上し、当該負債計上額と同額を関連する有形固定資産の帳簿価額に加算する。
→有形固定資産の帳簿価額は同資産への投資について回収すべき額を意味する
割引前の将来キャッシュフローを見積もり、割引価値で算定する
資産計上された資産除去費用に対応する除去費用は減価償却を通じて、当該有形固定資産の残存耐用年数にわたり、各期に費用配分する
時の経過による資産除去債務の調整額の処理
期首の負債の帳簿価額に当初負債計上時の割引率を乗じて算定し、発生時の費用として処理する
費用(利息費用)xx/資産除去債務xx
資産除去債務の見積もりの変更時の処理
重要な見積もりの変更が生じた場合
資産及び負債を加減して調整

2009-07-04 | Posted in 徒然日記No Comments »