映画

デトロイト・メタル・シティ

そこそこ笑えたけどその場限りの笑いかな。
一番の驚きだったのが、デスレコーズ社長。
見終わるまで松雪泰子だと気付きませんでした。
やられたって感じ。
ライブのシーンがもっとズシンとくるかと思ったけど案外だったかな。
映画館で見ると迫力も違ったのだろうか。
もうちょっと音楽がよければ、ってところかな。

2009-05-23 | Posted in 映画No Comments » 

 

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

昨夜は久しぶりの映画館。
レイトショーでレッドクリフ観てきました。
すっごく面白かったです。
三国志のイメージにとらわれすぎず観ればすごく面白い作品かと。
三国志的にはおいおいってシーンがけっこうあります。
でもレッドクリフという作品として観れば、映画の世界にいるかのような気にさえさせるほど入り込めました。
二時間半近い長い作品ですが、映画が完結して終わってしまうのがもったいないと感じるぐらい。
1もそれなりによかったですが、2の方が断然面白かった。
1は長いプロローグでようやく2が本編ってぐらい。
映画の中で語られているストーリーはものすごく深いものではありませんが、作品の中で絡み合い、影響しあい、とても楽しめました。
今年はまだあまり映画観ることができていませんが今のところ今年のNo.1です。
周瑜、かっこよすぎ。
周瑜のための映画です。
でも2は曹操も味出していました。
疫病の兵士の志気を高めるシーンもよかったし、小喬に一杯食わされるシーンもなかなか。
そして、小喬も変わらずの美しさ。
声もいいですね。
中村獅童のドリフを思い起こさせるシーンは笑えました。
この映画の戦闘シーンの臨場感は映画館でこそ味わえる感じです。
大型TVでもよいですが、腹にズシンとくるような音響も一体になって味わないと損します。

2009-05-04 | Posted in 映画No Comments » 

 

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

なかなか面白かったです。
松たか子が令嬢というのは若干違和感を感じましたが、それ以外はとても楽しめました。
映像もなかなか雰囲気出てました。
ノスタルジックな感じだけど、いつの時代だかよく分からない感じなのも現実感が薄れて、映画の世界に入り込みやすいかも。

2009-03-07 | Posted in 映画No Comments » 

 

チェ 28歳の革命

もう少し奮い立つような気分になる映画かなと期待していましたが、かなり淡々と物語は進行しました。
もう少し背景を勉強すればもっと面白かったかも。
この前編が面白かったら続けて39歳編も見ようかと思っていたけど、そこまでは至らず。

2009-03-07 | Posted in 映画No Comments » 

 

マンマ・ミーア!

これはよかった。
ミュージカルって正直まだあんまり慣れてはいないんだけど、よかった。
楽しく元気になる映画です、
また、ABBAもほとんど知らなかったのですが、この映画見た後ベスト版DVDも思わず購入してしまいました。
もう一回みたいぐらい。
ミュージカル版も観てみたいな。

2009-02-19 | Posted in 映画No Comments » 

 

ZEN

久しぶりに映画館へ。
今日は109シネマズで鑑賞。
ほぼ満席に近い混雑。
まあまあよかったけど、仏教の知識が足りないせいか、よく意味が分からない言葉がたくさん出てきました。
いったいどういう漢字で書くのだろうと分からないものもありました。
事前に禅関連の単行本読んではいたけど不十分だったみたい。
「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪冴えてすずしかりけり」
「あるがまま」
「少欲」
「知足」
自分の中に仏、生きてこその浄土
こんなところが自分の琴線にふれたキーワードかな。
中村勘太郎さん、声が非常にお父様に似ているなぁと。
姿勢、所作、演技なかなかのもので初主演映画とは思えませんでした。

2009-02-11 | Posted in 映画No Comments » 

 

年末年始見た映画

12月はあまり更新せず、しばらく間も空いてしまいましたがそろそろ再開かな。
別のサイトの移行を年末から始めてしまってこちらまで手が回りませんでした。
プラットフォームの載せ替えって面倒だなと。
始めてしまったので続行ですが、一段落すれば更新しやすくなるはず。
この休み中に映画館で見た映画はひとつだけ。
今のところ。
ウォーリー
日本語吹き替え版で見ました。
でも台詞は多くなく、キャラの動きだけで相当表現していてどちらでもよい感じ。
レビューでアニメとしては傑作的なコメントを先に見てしまったからなのか、それほどの感動が得られませんでした。
まあ悪くはないけど、特別すごくはない感じ。
何も知らずに見た方がよいのかな。
植物を真空状態の宇宙に放り出すとどうなるんだろうとちょっと疑問に思ったけど、枝葉末節だな。
ま、でもウォーリーとイヴが相当愛らしく、笑えるところもたくさんあってよい映画ではありました。
機械に頼り切って一人でまともに歩けない人間の姿なんてメタボ、メタボとあちこちで聞く現在からしてもありえなくない世の中の姿かと。そのほかにもいろいろ現代を諷刺した描写がおもしろかったかな。
そのほか、DVDやTVで見た映画をいくつか。

バルカン超特急 [DVD] バルカン超特急 [DVD]
(2006/12/14)
ノーントン・ウェインマイケル・レッドグレイヴ

商品詳細を見る

古い映画ですが、かなりおもしろかった。
あんまりサスペンスもの見ないのですが、ヒッチコックっていいかも。
ユーモアもいいしね。

ピアノを弾く大統領 [DVD] ピアノを弾く大統領 [DVD]
(2005/10/28)
アン・ソンギチェ・ジウ

商品詳細を見る

フェイク エクステンデッド・エディション [DVD] フェイク エクステンデッド・エディション [DVD]
(2007/05/23)
ジョニー・デップアル・パチーノ

商品詳細を見る

四日間の奇蹟 [DVD] 四日間の奇蹟 [DVD]
(2005/11/21)
吉岡秀隆石田ゆり子

商品詳細を見る

トレマーズ [DVD] トレマーズ [DVD]
(2006/04/19)
ケビン・ベーコンフレッド・ウォード

商品詳細を見る

2009-01-03 | Posted in 映画No Comments » 

 

青い鳥

いいですね、たぶんこれは原作のよさなんでしょう。
じんわり系の感動がきます。
なかなかよい映画でした。
正直めっちゃ地味な映画ではありますが。

(さらに…)

2008-12-21 | Posted in 映画No Comments » 

 

ハンサムスーツ

12月前半に観た映画。
ちょっと時間が経過してしまったので簡単に。
この映画で一番印象に残ったというかこれまでの自分の中での印象が変わったのが北川景子さん。
だいぶ顔を見慣れてきたせいもあるんだろうけど、今までみたTVの作品含めても一番よい。
これまではきれいだけど、どうもしっくりこない役者ぶりでしたが、この映画はいい感じでした。
そして、作品全体通してかなり笑えた映画でした。
なんか深いものがあるわけじゃないけど、なんか疲れたとき、パワーがあんまりないとき、緩んだときなんかに観るとよいかな。

2008-12-21 | Posted in 映画No Comments » 

 

ハッピーフライト

CM見てる感じだと綾瀬はるかの主演映画なのか?
CAのドタバタ劇か?
と思いきや全然違いました。
主演みんな、って感じで、
誰が主役かというのはあまり感じられませんでした。
むしろ綾瀬はるかの出番は少ないと感じられるぐらい。
田畑智子がいい味出してました。
寺島しのぶ、かっこいいです。
お客商売を教えてくれます。
田辺誠一と時任三郎のコンビもグッド。
業界の裏が垣間見えて面白いかな。
ま、かなり気楽に見るにはよいです。

2008-11-22 | Posted in 映画No Comments »