読書

新聞広告に出ていて目にとまった本

ここ数週間、ろくに新聞も読まない日々を過ごしていました。
といってもネットでニュースはチェックしているんだけどね。
どっさりたまった新聞を片っ端からチェックしてポイっと。
その中で目にとまった本をメモ。

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
(2006/12/01)
金子 由紀子

商品詳細を見る

社長が現場を離れて会社を伸ばす法―「成長の壁」を越えて売上30億円つくる! 社長が現場を離れて会社を伸ばす法―「成長の壁」を越えて売上30億円つくる!
(2008/10/03)
松下 智明

商品詳細を見る

資金調達完璧マニュアル―「小さな会社」でもすぐ使える! 必携 あらゆるお金の悩みを解決する 資金調達完璧マニュアル―「小さな会社」でもすぐ使える! 必携 あらゆるお金の悩みを解決する
(2008/10)
丸山 武志山田 英司

商品詳細を見る

あれ、今回はあまりよさげな本が少なかったなぁ。

2008-10-11 | Posted in 読書No Comments » 

 

フォーカス・リーディング

読書の費用対効果、時間コスト、目標・目的の意識の重要性を再確認。
ポイントだけつかんでも実践できないとダメかな。

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
(2008/08/01)
寺田 昌嗣

商品詳細を見る

2008-09-30 | Posted in 読書No Comments » 

 

ゲド戦記

読み始めたけど、どうも合わない。
なかなか読み進まないのであっさり断念。
世界にはまれませんでした。

ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
(2006/04/07)
アーシュラ・K. ル・グウィンUrsula K. Le Guin

商品詳細を見る

2008-09-23 | Posted in 読書No Comments » 

 

フォトリーディング

読み終わったけど、うーん、まだ実感なし。
できるんだろうか。

あなたもいままでの10倍速く本が読める あなたもいままでの10倍速く本が読める
(2001/09/19)
ポール・R・シーリィ

商品詳細を見る

2008-08-30 | Posted in 読書No Comments » 

 

バッテリー

だいぶ前に買って本棚で眠っていた本。
映画をこの前TVで放送していたので、映画観る前に本をまずはチェックしておこうと思い読書。
さすがにさらっと読み終わりましたが、いいね。
ちょっと痛いというか胸が締め付けられる感じの気持ちを感じる箇所もあったり、なかなか。
映画も今度観てみようっと。
TVドラマでもやっていたけど映画とどっちがいいのかな。

バッテリー (角川文庫) バッテリー (角川文庫)
(2003/12)
あさの あつこ

商品詳細を見る

2008-08-16 | Posted in 映画, 読書No Comments » 

 

中国の崩壊が始まった!

なんだか物騒というか、かなり言いたい放題な対談本。
ま、一方で刺激的で面白いのかもしれませんが。
半ばエンタメ本として読みましたけど。
対談者の思い入れが強く出ているので、ちょっと引き気味で読んでしまいましたけど。

中国の崩壊が始まった! (WAC BUNKO 84) 中国の崩壊が始まった! (WAC BUNKO 84)
(2008/06)
日下 公人石 平

商品詳細を見る

2008-08-13 | Posted in 読書No Comments » 

 

ジャーナリズム崩壊

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1) ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る

記者クラブの仕組みはよく知りませんでしたが、マスコミ業界への、特に新聞記者、NHKへの好感度は確実に下がる本です。
アメリカと比較して日本のあり方を批判されていますが、全面的にアメリカが良いかと断定しうるほどのものではないです。アメリカの問題点も明らかにしないと。
いいところは取り入れたらいいと思うけど、現実問題としてどうすればいいのかはよくわかりませんでした。
護送船団方式(この言葉自体がもう古い感じがするけど)で横並びの報道姿勢。
情報収集する際、新聞読む際、十分に気をつけて読まないといけないな。

2008-08-10 | Posted in 読書No Comments » 

 

偽善エコロジー

まだ読んでいる本ですが。

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1)) 偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
(2008/05)
武田 邦彦

商品詳細を見る

感覚的に疑問に思っていたことが「やっぱり!」ということがいっぱい書かれている本。
エコライフならぬエゴライフが如実に明らかに。
もうちょっと読みすすめてみようっと。

2008-07-24 | Posted in 読書No Comments » 

 

世間も他人も気にしない

世間も他人も気にしない (文春新書 640) 世間も他人も気にしない (文春新書 640)
(2008/06)
ひろ さちや

商品詳細を見る

帯には、「サボりなさい、と仏様は言った」とありますが、別にさぼるための根拠を求めた訳ではありません。
競争社会はウンコ地獄、っていうフレーズが面白そうだったので購入。
なかなか面白かったです。
でもこの本読んでも著者の考え受け入れがたいと思う人多いんじゃないかな。
気になったキーワードとしては、
ホンモノ宗教、ニセモノ宗教
悪人のため、偽善者のため
請求書の祈り、領収書の祈り
歯止めがない競争社会
競争は必要悪
権利ではなく、権理
世間の奴隷、会社の奴隷
阿修羅の正義
といったところ。

2008-07-20 | Posted in 読書No Comments » 

 

世界一やさしい問題解決の授業

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく 世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る

10分程度で読了。
あまり得るものはなかったけど、無意識でやってることの一部をネーミングされていたのでメモ。
・分解の木
・はい、いいえの木
・課題分析シート:課題、仮設、根拠、分析・作業、情報源
・最適な打ち手を選択:効果、実行のしやすさのマトリクス
・意思決定ツール:よい点、悪い点リスト、選択肢×評価軸×評価リスト

2008-07-20 | Posted in 読書No Comments »