三浦綾子入門

三浦綾子入門 番外編.三浦綾子さん関連番組その1前編

番外編.三浦綾子さん関連番組その1前編

ここでは三浦綾子さんに関連するテレビ番組あるいはラジオ番組などに関する情報を提供していきます。

まずその1として、1999年12月25日にNHK(ラジオ)で放送された「ラジオ深夜便『北の文学・作家三浦綾子さんを語る』」の放送を書き起こしてみました。二時間番組でしたが、まずは前半一時間分を「前編」としてお送りします。

この放送のゲストとして三浦綾子さんを語っているのは三浦綾子記念文学館の館長でもある文芸評論家の高野斗志美さんです。(三浦さんの本の後についている解説などたくさん書かれているので名前を見かけたことある人は多いと思います。)

 

1999年12月25日(24日深夜)放送
「ラジオ深夜便 北の文学・作家三浦綾子さんを語る」より

ゲスト:高野斗志美さん

司会:

今年10月12日に亡くなられた旭川市出身の作家・三浦綾子さんの人となりと作品、それを産んだ北海道の風土などについてお話ししていただきます。

スタジオには文芸評論家で三浦綾子記念文学館館長の高野としみさんにお越しいただきました。

高野さんよろしくお願いします。

高野:

よろしくお願いいたしします。

(三浦綾子記念文学館について)

司会:

高野さんが館長を務めていらっしゃいます三浦綾子記念文学館、去年の6月にオープンしたんですねぇ

高野:

そうですね、去年の6月13日に旭川にあります神楽の外国樹種見本林の中にできました。

これは全国から一万五千人を超える市民の方たちが力を合わせまして、旭川を中心にしまして、そういう市民運動の力を結集してできあがった民立、民営の文学館でございまして、三浦綾子さんの仕事を末永くお伝えしたいということでできあがりました。

司会:

あの、いまお話にありました見本林というのは「氷点」の舞台になったところですね

高野:

そうですね、特に氷点のラストシーンにあります陽子が自殺を図った、美瑛川を後ろに控えました大変に印象深い風景をもった土地ですね。

司会:

この場所にそういう記念文学館ができましたことは三浦綾子さんご自身も大変喜ばれたでしょうね。

高野:

ええそうですね。そしてどうかもう一度みなさんがこの文学館に足を運んでくれるように、そういうふうにもう一度来てみたい、そう思うような文学館にして欲しいと、切に願うとおっしゃっておられましたね。

司会:

その去年の6月のオープンの際はご自身も参加されたんですね

高野:

そうですね。光世さんに支えられですね、お亡くなりになられましたけども秘書の八柳洋子さんという方がおられるのですけれども、その(二人に)両側を支えられまして、元気にとってもうれしそうにオープニングセレモニーに出られたことをありありと思い出します。

(三浦綾子さんの足跡~作家になる以前)

司会:

あぁそうですか。長い闘病生活のすえに今年の10月12日に77歳の生涯を閉じられた三浦綾子さんですが、その三浦さんの足跡をたどっていきたいと思います。

まず作家になる前の三浦さんのお話からうかがいたいと思います。

高野:

あの~、三浦さんの場合は、お話しするときはいつも私、言うんですけれども四つの自伝小説があるんですね。

小さな頃を書いたのが「草のうた」という自伝小説です。それから小学校を終えてですね女学校を出てそして学校の先生になってそして敗戦を迎えるというその足取りを描いたものが「石ころのうた」という自伝小説ですね。それから1945年から氷点という小説で文学界にデビューするまでの足取りを書いたものが「道ありき」という自伝小説ですね。氷点で出発した以後の、結婚生活を描いたのが「この土に器をも」という自伝小説ですね。

それをもとにしてご紹介をしたいと思うんですけれども。

司会:

はい

高野:

三浦綾子さんにとって大きなターニングポイントというのはひとつには1945年8月15日の日本の敗戦ということですね。

これはあの、三浦綾子さん、堀田綾子さんと当時は呼ばれていましたが、学校の先生、教師をしておりましてその教師の間というのはいわゆる戦争中でしたのでたいへん一生懸命に、熱心に子供を教えていく非常に教育熱心な先生だったわけですね。子供が大好きだったという、そういう先生です。そしてあのその考え方というのは当時の日本人がすべてそうであったように、国家の行う戦争というのは正しくて清い戦争だという、つまり聖戦であると信じ込んでいたわけですね。(他の)日本人と同じように堀田綾子先生も日本の国柄、天皇を中心とする絶対主義、軍国主義をですね、そういう国のありかたに疑いを持たないで一生懸命に子供たちを教えてきたわけですね。

そういう価値観が全部壊れてしまうのが1945年の敗戦というわけだったのです。その時に受けたショックというのが非常に大きいわけですね。そのために今までの自分の生活やあり方に根本的な疑問を持つわけです。

そしてこれ以上先生を続けることはできない、とそう思って1946年、昭和21年3月をもって学校の先生を辞める、これは旭川の小学校でしたけれども、やめるわけです。 その後の堀田綾子さんの足取りは非常に荒れたものになるわけです。

司会:

ほう

高野:

自分が信じた国家権力に裏切られたと、この絶望感というのは取り返しがつかない、どんな力によっても癒えることはできない。そういう自分というのが信じられないと大変に苦しむわけです。毎日毎日荒れはてた生活を続けていく。その間に結核という病気にかかり、そして療養生活に入るわけです。

その前に現れたのが幼なじみの前川正という人なんです。 この人が非常にそういう失意と絶望と荒れ果てた生活を送っている堀田綾子さんを心配するわけです、小さな頃から知っていましたから。 この方もやっぱり結核でもって札幌にいたんですけれども北海道大学医学部を休学して旭川に療養のために帰ってきていたわけです。

で、たまたまそういうことで二人は出会うわけです。そして病気の体をお互いに持ちながら交渉が始まるわけですが、今言ったように非常に堀田綾子さんのことを心配する、そして有名な話があるんですけれども、これは「道ありき」ですね、旭川に春光台というところがあるんですけれども、その丘のところを二人で歩いていたときに、やはり堀田綾子がですねまじめな態度をとらないと

2010-01-10 | Posted in 三浦綾子入門No Comments » 
Comment





Comment