徒然日記

小切手の概要・留意点

小切手の概要
1.小切手とは何か
現金で自ら支払をする代わりに銀行に支払を依頼するために振り出す
有価証券、即現金化、現金の代用物
小切手を振り出す時の注意点
小切手を振り出すためには、銀行と当座取引契約を結び当座勘定口座を開く
当座勘定口座は、銀行の信用調査の後、取引用の印鑑の届出その他の必要資料を提出した上で開設され、小切手帳と当座預金入金表綴りの交付を受けて、小切手を振り出す
小切手のイメージサンプル
小切手イメージ
小切手の記載事項
(1)小切手という文字
(2)一定の金額の支払委託
(3)支払人の名称
(4)支払地の表示
(5)振出日と振出地の表示
(6)振出人の署名 ※住所表示なくても有効
(1)~(5)は印刷済み(金額除く)
(2)の金額と(5)、(6)を記載して振り出す
振り出す時の注意点
(1)小切手金額は当座預金か、当座借越限度額の範囲内の金額を記載
 ※振出日の翌日から10日以内に支払呈示され決済、決済できなければ不渡
(2)金額は算用数字を用いて、チェックライターで記入、チェックライターを使用しない場合は、漢字で文字間をつめて記入し、金額の頭に「金」を、その終わりに「円」を記入
(3)振出人の署名
自署(実務上、自署の場合も捺印が慣行)の他、記名・捺印が含まれる
実務的には会社名や代表者名が記載のゴム印を押してその後に銀行届け出印で押印が一般的
(4)小切手は一般的に持参人払い
危険防止のため線引小切手制度:線引小切手とは、小切手の左角又は右角に二本の平行線が引かれている小切手で、平行線のみ、又は平行線の中に単に「銀行:と記載された一般線引小切手と、平行線の中に特定の銀行名の記載された特定線引小切手の二種類があります。一般線引小切手は、銀行又は自己の取引先に対してのみ小切手の支払が行われ、特定線引小切手は、指定された銀行(被指定銀行が支払銀行であるときは、その取引先)に対してのみ小切手金の支払が行われます。(銀行と取引関係を持たない者には支払われず不正に受け取った者の責任追及が可能)
実務的には一般線引小切手が一般的
線引小切手のイメージサンプル
線引小切手
(5)書き損じの場合:破棄し書き直す、書き損じた本件の小切手番号を切り取り控えに貼っておく(不正防止、書き損じたものが出回ることの防止、渡していないことの確認のためなど)。
(6)控えにも振出日、金額、渡し先、摘要を必ず記入し、小切手帳の記入が終わったら小切手番号順に綴じ込んでおく
小切手を受け取るときの注意点
・記載事項に不備がないかどうか
・チェックライター利用か?手書きの場合漢数字か、金額は正しいか
・振出日の記入があるか
・振出人の署名が正しいか
・記載事項に訂正がある場合は、振出人の訂正印が押してあるかどうか、金額の訂正があると、銀行では払ってくれないので新しい小切手に書き直してもらう
・線引小切手にしてもらう
・先日付小切手の場合、振出日まで呈示しない
・振出日の翌日から10日以内に支払のための呈示をする必要がある
 支払銀行に小切手を持参し直接呈示
 取引銀行に取立を委託し、手形交換所で呈示する(一般的)

2009-07-04 | Posted in 徒然日記No Comments » 
Comment





Comment