徒然日記

税務の年間行事概要(メモ)

税務の年間カレンダー
(1)源泉所得税
納付
原則翌月10日までに納付
納付の特例1~6月分→7月10日までに納付、7~12月分→翌年の1月10日までに納付(納期限の特例→翌年の1月20日)
(2)個人住民税
納付
普通徴収:納付書を使って自分で納付
6・8・10・翌年1月の年4回に分割して納付
特別徴収:給料から天引き→会社などが本人に代わって納付
 納期の特例:12~5月分→6月10日までに納付、6~11月分→12月10日までに納付
(3)給与支払報告書
基本的な様式は、源泉徴収票と同じ。本年分個人住民税(特別徴収)の基礎資料
(4)法定調書(支払調書)
給与や不動産の使用料などの支払の明細を記載した書類
(5)固定資産税
土地・建物・一定の事業用減価償却資産(事業用のコンピューターやコピー機など)の保有に係る税金→一定の事業用減価償却資産の保有状況を申告
(6)法人の決算
決算日から2ヶ月以内に申告納付
法人税・消費税等(国税)、法人事業税・法人住民税(地方税)
一ヶ月の延長(消費税除く)→利子税・延滞金(期間延長分の利息)の課税
(7)給与所得者の扶養控除等申告書
給与などに対する源泉徴収税額を決める際、扶養している配偶者や親族などの状況を考慮するときの基礎資料
(8)都市計画税
1月1日現在都市計画法に規定する市街化区域内に所在する土地・家屋の所有者に課税
固定資産税・都市計画税の納期→4,7,12月、翌年2月の年4回に分割して納付
(9)労働保険
1)労働保険の内容
 労災保険、雇用保険
 ※概算保険料のみ5月20日、8月31日、11月30日の3回に分割して納付することができる
2)労働保険の概要
A)平成○1年度(○1年4月1日~○2年3月31日)→前保険年度分
 ○1年5月20日までに概算で保険料を納付
 →○2年5月20日までに保険料を確定し、差額を精算する
B)平成○2年度(○2年4月1日~○3年3月31日)→当該保険年度分
 ○2年5月20日までに概算で保険料を納付
 →○3年5月20日までに保険料を確定し、差額を精算する
(10)健康保険、厚生年金保険(社会保険)
1)毎月の健康保険料、厚生年金保険料は標準報酬月額に基づいて決定
2)標準報酬月額は、1年に1回改訂を行う→定時決定(この決定のために提出する届出書を「健康保険、厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届」という)

2009-07-04 | Posted in 徒然日記No Comments » 
Comment





Comment