徒然日記

独眼竜政宗 第三話


やはり初期は虎哉和尚とのシーンがいい。
「人の上に立つ者は己に厳しくあらねばならない」
「頭領とは孤独なものじゃ」
桔梗の花を見せながら
「花の色はどうじゃ」
「紫色でございます」
梵天に目を閉じさせ再度、色を問う。
目を閉じている間に花をもいでしまうが、
「紫色でございます」と、梵天。
そこで和尚が一喝!
「花を見ず、なぜ紫というた!」
でも梵天はこう返す。
心の眼で見れば今も紫色

2008-10-05 | Posted in 徒然日記No Comments » 
Comment





Comment