徒然日記

気になる本:日本語てにをはルール


手書き→ワープロ→PCとなるにつれ漢字の変換ミスはなくならないものの、書き間違い(冠が違う、点が多い少ない、つくりが違うなど)というものは減りました。しかし、日本語の文章としてはおかしなものは相変わらず。
特に「てにをは」の間違い。使い間違えだけでなく省略しすぎで訳分からないというのも増えた気がしています。
そんな点からたまには日本語のチェックをしてもよいかも。

日本語てにをはルール―知っているようで知らない 日本語てにをはルール―知っているようで知らない
(2007/10)
石黒 圭

商品詳細を見る

2008-01-13 | Posted in 徒然日記No Comments » 
Comment





Comment