weblog

求めるサービスレベルと報酬のバランス

エンジニアのやる気は報酬だけじゃ維持できない
@ITの記事。
特に3ページ目ですね。
業界に属しているので話しとしては承知している内容ですが、
特に、
顧客企業は彼らに対して、そういったモチベーションとスキルを要求するだけの十分な報酬を払っていると思っていることです。
のあたりでしょうか。
元請けだったらお客さんからもらっている報酬が自分の会社の売上になりますからいくら分は働かなきゃ、という意識は働きやすいですが、二次請け、三次請けとなっていくと発注元の顧客が支払う金額と実作業をする会社のもらう金額には相当な開きが発生します。
ここに期待ギャップが発生するのでしょう。
請負側は元々顧客企業が払っている(であろう?)金額から期待レベルを想定しないといけないし、一方、顧客側も契約先企業が単なる仲介企業なのか、技術力をもった人材を抱える企業なのかを見極めて選ぶようにすべきかと思います。
単に大企業、一般的信用がある、というだけでなく。
仲介すればするほど実作業をする会社のもらう単価は落ち、結果品質にも影響しかねないですから。

2006-09-16 | Posted in weblogNo Comments » 
Comment





Comment