三浦綾子ブログ

氷点主題歌

「北国の陽子」
作詩 水木かおる
作曲 土田啓四郎
歌 ブルーベル・シンガース
雪晴れの
 朝のかなしさ
足もとの
 一羽の鳥も
旅につかれて
 死んだのか
死んではだめよ
 小さないのち
両手に抱いて
 膝まずく
陽子をうずめて
雪が雪が雪がまた降る

2005-02-19 | Posted in 三浦綾子ブログ4 Comments » 

コメント4件

 秀丸 | 2006.12.01 18:30

SECRET: 0
PASS:
もしわかったらフルコーラスの歌詞を教えて下さい。

 Lonesome | 2008.03.09 23:33

SECRET: 0
PASS:
どなたか、この曲のレコード、テープ、CDなんでもいいので持っておられませんか?私にとって思い入れのある曲で、ぜひもう一度聴きたいのです。お願いします。

 ヨッシー | 2010.03.18 11:45

SECRET: 0
PASS:
youtubeで聞けます。歌詞付き


 かず | 2019.07.09 21:11

検索しても、歌詞はここしか引っかからなかった。
子供心に、究極の悲しみを象徴する歌として、強く刻まれた歌です。
youtubeで見た 2-3番の歌詞。

北国の冬は 早いよ 町の灯も 流れる川も 白く冷たく 凍る夜
心の炎 かきたてながら 風吹の中で 目をあけて
陽子は まっすぐ 遠い遠い 遠い道ゆく

アカシアの花は いつ咲く ただ一人 愛する人の 胸に抱かれる その時か
生まれた星の 暗さを知った いまでは誰も 愛せない
陽子の心に 雪が雪が 雪がまた降る

Comment





Comment