読書

脱税調査マニュアル

今夜は「脱税調査マニュアル」を読みました。
元国税庁調査官の大村大次郎さんの著作でデータハウスから出版されています。
あまり正論だけ読んでいてもつまらないのでたまにはこういうのもいいかなと。
脱税マニュアルと節税マニュアルの章が一番面白かった。
脱税マニュアルの中では架空人件費と外注費を使った脱税が興味深かった。
架空人件費は実態は働いていないのに働いたことにして人件費を払い、その
分が損金に計上され税金を少なくするというもの。
まったく架空の人物に払っているとバレバレだが、実在する人物に払い、しか
もその給与所得に対する諸税をきちんと払っていると意外とバレなさそう。
外注費を使った場合というのは幽霊会社などを使ったり、懇意な会社を使った
りしてどこかでキャッシュバックを受けるみたい。
こういった話は極めて稀かな?と思う話も少しはあるが、けっこう実はあり
うる話なのではないかと思いつつ読みました。

2004-11-16 | Posted in 読書No Comments » 
Comment





Comment